残暑にはスイカがオススメ

連日 暑い日が続いていますね。

体の調子はいかがでしょうか?

 

夏は陰陽五行の「火」が強い季節。
ですから、陰陽五行では対極にある「水」とのバランスが大事になります。

本日「立秋」を迎え、暦は秋の始まりですが、実際、夏は後半戦といったところでしょうか。
まだまだ9月半ばまでは「長夏」といって、残暑の厳しい季節となります。

 

カラダは、暑い夏に対応しようと、熱を冷まし体温調節するための「水」の五臓、「腎」を酷使し、8月に入る頃には、この「腎」がつかれてきます。

 

 

実はスイカは、冷性の食べものでありながら、「腎」を補う働きももつ、「天然の白虎湯(のどの渇きやほてりを鎮める漢方処方薬)」といわれる食物です。

おなかや太ももなどを触ってみて、ひやっとするような冷えを手に感じるような、重度な「冷え性」をもつ方をのぞき、この時期はスイカを食べることで、効果的にカラダの熱を鎮めることができます。

スイカは、赤い実の部分だけでなく、白い部分も食べることで冷え予防にも繋がります。
白い部分には、「シトルリン」といわれる血流を良くし、冷えやむくみ、精力減退などの改善効果も期待できるアミノ酸が含まれているそうです。赤い実を召し上がった後は、緑の硬い皮の部分はピーラーなどで剥いて、残りを拍子切りにし、浅漬けなどにして召し上がるのがおすすめです。

 

スイカは白い皮の部分まで召し上がって、「腎」を労りつつ暑い夏を乗り切りましょう。

2017年8月7日 カテゴリー:健康・美容

漢方で不妊・不調を改善|「漢方サロンりんどう」公式通販はこちら>>

この記事を見た人はこんな記事も見ています

冷えタイプその③【胃腸虚弱】

東洋医学では、人体を構成する要素として「気」「血」「水」の3つがあり、これらがバランスよく体中を巡っていることで、生命活動が維持されている、…

健康・美容

■冷えタイプその②【陽気不足】

陰陽説では、温かい状態を「陽」、寒い状態を「陰」としています。 体内をめぐる「陽気」には、カラダを温めて正常な体温を保つ役割があります。 陽…

健康・美容

不調をうむ【冷え】にご注意

何となくだるい 疲れが抜けない 肌荒れが治らない 生理痛があって憂鬱・・・ 病院で検査を受けると「異常はない」と診断されてしまう不調も、実は…

健康・美容

りんどう健康アドバイザーに相談しよう!

どんな小さなことでも構いません
まずはお気軽にご相談ください

りんどう女性のカラダ相談室

「学び」と「気づき」で人生は変わる

りんどうセミナーのご案内