夏にオススメの入浴法

お盆も近くなり
少しずつ朝晩の暑さが和らいできましたね。

この時期、猛暑で疲れたカラダを
秋へ向けて整えていく必要があります。

夏場は、汗をかくから、と、
湯船に浸からず、
さっとシャワーで済ませる方も
多いと思います。

しかし、
エアコンや冷たい飲みものなどで、
知らず知らずのうちに
すっかり冷えきってしまっていることも。

その冷えをほったらかしにしたまま
秋になってしまうと、
冬を迎えたとき、
思わぬ不調に見舞われてしまいます。

ぜひ、夏場も腑舟に浸かるようにしましょう。
夏場の入浴には、
ぬるい温度でも血液の循環を良くする炭酸風呂や
爽やかな発汗作用のある塩風呂がおすすめです。

湯船の湯量が140〜180Lだとすると

【炭酸風呂】
・重曹250gを溶かし、完全に溶けたらクエン酸210gをさらに加えて溶かす。
【塩風呂】
・まずは10gから始めて、大丈夫なら次の日はさらに10g増やし、最大40gまで好みで溶かす。

という入り方があります。
(入浴に使用する重曹やクエン酸、塩は、工業用ではなく食品レベルのものを使用しましょう)

内側からの冷えを残したまま
肌寒い季節にならないよう気をつけましょう。

2017年8月12日 カテゴリー:健康・美容

漢方で不妊・不調を改善|「漢方サロンりんどう」公式通販はこちら>>

この記事を見た人はこんな記事も見ています

冷えタイプその③【胃腸虚弱】

東洋医学では、人体を構成する要素として「気」「血」「水」の3つがあり、これらがバランスよく体中を巡っていることで、生命活動が維持されている、…

健康・美容

■冷えタイプその②【陽気不足】

陰陽説では、温かい状態を「陽」、寒い状態を「陰」としています。 体内をめぐる「陽気」には、カラダを温めて正常な体温を保つ役割があります。 陽…

健康・美容

【夏の土用】とうなぎ

今日は土用の丑の日でしたね。 鰻を召し上がった方もいらっしゃるのではないでしょうか? でも実は、鰻の旬は秋から冬にかけて。 【土用の丑の日に…

健康・美容

りんどう健康アドバイザーに相談しよう!

どんな小さなことでも構いません
まずはお気軽にご相談ください

りんどう女性のカラダ相談室

「学び」と「気づき」で人生は変わる

りんどうセミナーのご案内