現在の治療

不妊大国・日本 タイムリミットは、すぐそこに迫っています。

知っていましたか?
日本は“不妊大国”だと。
小学校のクラスに1人は、
不妊治療で生まれた
子どもがいるという
統計結果があります。

卵子も“老化”します。
健康な女性でも、
40代を超えての妊娠率は
20代の5分の1~6分の1
なのです。

「いくつになっても妊娠できる」
と思っていませんか?
妊娠・出産のタイムリミットは、
意外と早く訪れるのです

皆さん、日本は“不妊大国”だと知っていましたか?
不妊治療を行う医療機関約600軒
年間体外受精件数24万件は、いずれも世界最多。
不妊治療や検査を受けたことがある夫婦は6組に1組。
年間出生数の40分の1、つまり小学校のクラスに1人は
人工授精・体外受精で生まれてきた子どもがいるという計算になります。

これまで私は、赤ちゃんがほしいと悩むたくさんの方に接してきました。
彼女たちの多くが
「その気になれば、いつでも妊娠できると思っていた」
「もっと早く、卵子の老化について知っていれば違ったのに」
と嘆いておられました。
NHKの調べでは、成人女性の実に75%が
「生理があっている間は妊娠が可能だ」
「40歳を超えても容易に妊娠できる」と考えているというアンケート結果があります。
しかし実際は、40歳を超えると自然妊娠の確率は、20代のほぼ5分の1~6分の1に
まで落ち込み、さらに年齢を重ねるにつれ、染色体異常や流産の発生率も上がります。

最近の女性は見た目が若く、健康的な人が少なくありません。
ですが、卵子は確実に老化します。

このようなことは、学校では教わりませんでした。
女性の社会進出が叫ばれ、仕事と家庭の両立を迫られたのにもかかわらず
妊娠・出産にタイムリミットがあるということは、だれも教えてくれなかったのです。

晩婚化・晩産化が進み、現実的に赤ちゃんを望む年齢が高くなったこと
そして女性の体、特に「卵子の老化」に関する知識の欠如が
不妊大国・日本に大きな影を落としています。

産むことが全てではありません。しかし正しい知識がなければ選択することができません。
正しい知識・自分の体、そしてパートナと向き合い産むのか産まない暮らしを選ぶ
のかが大切だと私たちは考えます。

ログイン 利用規約

りんどう健康アドバイザーに相談しよう!

どんな小さなことでも構いません
まずはお気軽にご相談ください

りんどう女性のカラダ相談室

「学び」と「気づき」で人生は変わる

りんどうセミナーのご案内