不妊・妊活の知識 - 不妊症の検査

病院で行われる不妊検査についての知識です

―主な検査―

ホルモン基礎検査(低温期):採血によりホルモン量を測り、分泌異常を発見します。生理開始後 7 日以内に行います。

頸管粘液検査:排卵の 2 、 3 日前に子宮頸管の粘液を採取して検査します。排卵の有無や排卵日がわかります。

超音波検査:超音波で子宮や卵巣の状態を検査します。

ホルモン基礎検査(高温期):採血により、ホルモン量を計測します。黄体機能の異常を発見します。排卵後 5 日~ 10 日目に行います。

フーナーテスト:排卵日性交渉後、 12 時間以内に子宮内の精子数を調べます。精子の進入度、頸管粘液との相性がわかります。

クラミジア検査:クラミジア感染の有無を調べます。生理日以外ならいつでも検査できます。

子宮卵管造影検査:子宮口から卵管にかけてX線撮影します。子宮の奇形や卵管のつまりが分かります。
卵管造影の前にまず「卵管通水検査」「卵管通気検査」をおこなう場合もあります。卵管通水検査では、子宮口をふさいだ状態で生理食塩水を子宮内に入れることで卵管の詰まりを調べます。卵管が詰まっていると、この検査で痛みを感じることがあります。通気検査では生理食塩水ではなく、炭酸ガスを駐留することで通過性の状態を調べます。
卵管造影、通気・通水検査は卵管の詰まりを検査するだけでなく、不妊治療の効果があるといわれています。もし軽い癒着などで詰まっている場合は、検査によってはがれる可能性があるので不妊検査と不妊治療と両方の用途で行われるのです。

子宮内膜検査:子宮内膜の一部を採取して検査します。排卵後 5 日? 10 日目に実施します。

精液検査: 4 、 5 日の禁欲後、精液を採取し、精液量、精子数、運動率、奇形率、死滅率などを調べます。

 

関連記事:不妊症の原因

2018年6月12日 カテゴリー:不妊・妊活

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ジネコ大学の福岡妊活セミナー

「ジネコ大学 妊活セミナー」が開催されました。 不妊治療に悩む多くのご夫婦から日本一支持される雑誌「ジネコ」 そのジネコ大学の妊活セミナーに…

イベント・セミナー.不妊・妊活

嬉しい妊娠報告!体外受精7回目の妊娠

「もう6回も体外受精にチャレンジしたんですが・・」 そううつむく彼女をりんどうに連れてきてくれたのは 病院に勤務するご主人さま! 「ホルモン…

お客様の声.不妊・妊活.因幡美子のつぶやき

不妊・妊活の知識 - 病院での治療・タイミング療法

不妊の原因は複数あったり、決定的でなかったりと複雑なため、治療を始めてからも原因の究明 が続けられ、より適切な治療法を模索していくことになり…

不妊・妊活

りんどう健康アドバイザーに相談しよう!

不妊や妊活、漢方のお悩みを解決!
どんな小さなことでも構いません
まずはお気軽にご相談ください

りんどう女性のカラダ相談室

「学び」と「気づき」で人生は変わる

りんどうセミナーのご案内