夫婦に子供はひとりの家庭が増加している!

女性1人が生涯に産む子どもの推定人数を示す2018年の合計特殊出生率は1.42
〈厚生労働省の人口動態統計(概数)〉
    
2018年に生まれた赤ちゃんの数(出生数)は統計開始以来、最少となる91万8397人(前年比2万7668人減)となり、3年連続で100万人を割り込みました。
   
対して死亡数は、戦後最多の136万2482人。死亡数から出生数を差し引いた自然減は44万4085人と初めて40万人を上回り、人口減少はさらに加速しています。
    
この現実をふまえ
漢方整体サロン「りんどう」は
赤ちゃんを望むご夫婦の応援をしたい!
    
「不妊」という不調に悩まされている女性の身体を整え、
漢方薬で体質の底上げをして、
今までの生活習慣を改善し、
小さなことにも感謝して日々を過ごす心を持って欲しい。
    
サロンでは、
ご夫婦の改善のための最高の手段をご提示できます。
    
努力の末に実を結ぶ
おふたりの愛の結晶
    
貴女の産む赤ちゃんは
日本という国を支える大切なひとりとなるのです。
    
今後のりんどうセミナー日程・お申込はこちら。

  
漢方整体サロンりんどう
  
天神イムズ店
092-718-2881
東京青山店
03-6447-2881

2019年6月16日 カテゴリー:不妊・妊活

この記事を見た人はこんな記事も見ています

初のりんどうベビー誕生♡

初のりんどうベビーが 産まれてきてくれました❤️ りんどう開院から10ヶ月! 7年間不妊で苦しむ40歳のママのもとに 昨夜23時56分 27…

お客様の声.不妊・妊活

隣の家族は青く見える

 1月から始まった「妊活」をテーマにした連ドラ 『隣の家族は青く見える』 ご覧になられていますか? 主人公は「不妊に悩む35歳の働く既婚女性…

不妊・妊活

不妊・妊活の知識 - 病院での治療・タイミング療法

不妊の原因は複数あったり、決定的でなかったりと複雑なため、治療を始めてからも原因の究明 が続けられ、より適切な治療法を模索していくことになり…

不妊・妊活

りんどう妊活アドバイザーに相談しよう!

何からはじめたらいいかわからない
妊活ライフの不安
パートナーとの取り組み方
どんな小さなことでも構いません
まずはお気軽にご相談ください

漢方サロンりんどう
女性のカラダ相談室
女性スタッフ

「学び」と「気づき」で人生は変わる

りんどうセミナーのご案内