経済的負担の大きかった妊活に変化が起こりました!

菅義偉首相が、少子化対策として総裁選で訴えた
「不妊治療の保険適用拡大」が具体的に動き始めたのです!
 
『不妊治療への助成、1回30万円 子どもごとに6回まで、今月から』と
1月9日共同通信からの配信がありました。
 
「不妊治療への政府の助成制度が今月から拡充された。
これまでは初回のみ30万円、2回目以降は15万円だったが、2回目以降も30万円に倍増。
助成回数も子どもごとにリセットし、より使いやすい仕組みにした。
不妊治療の経済的負担軽減は菅義偉首相が昨年の自民党総裁選時から訴えていた目玉政策で、
2022年度からは公的医療保険の適用も始まる。
 
対象は体外受精と顕微授精で、これまでと変わらない。
助成を受けるには夫婦の合計所得が730万円未満という制限があったが、これを今月から撤廃した。
事実婚も対象となる。」
 
今までは経済的理由から
治療の継続を断念したり延期したりした人もおられることでしょう。
助成金の増額は、チャレンジする機会を増やしてくれます。
 
そして、チャンスに対応できる身体に整えることが
とても大切で重要なのです。
 
◆父となる夫の母となる妻の体質を底上げしてくれる漢方薬
◆正しい姿勢を維持できる筋力
◆前向きなココロの在り方
 
漢方整体サロンりんどうには
専門的な知識と経験を持つ妊活コンシェルジュがいます。
あなたにとって必要な手段をご提示できます。
 
初回お試しケア
2時間 4,980円(税別)となっております。
▼ご予約はこちらから▼
https://www.rindo-i.jp/info/
 
りんどう無料妊活セミナーで
正しい知識を学ぶのもオススメです◎
▼詳しくはこちら▼
https://www.rindo-i.site/lp01/

2021年1月21日 カテゴリー:不妊・妊活

この記事を見た人はこんな記事も見ています

『不妊』の原因は夫側にもあるのです

後天性の男性不妊の原因は、 ストレス アルコール 喫煙 肥満・糖尿病 病気や薬の影響 精巣の損傷もしくは機能障害 精子の産出あるいは射精に関…

不妊・妊活

Rさん(33)の妊活記録

Rさん(33)の妊活記録 28歳で結婚されたRさん 結婚すればすぐに赤ちゃんが来てくれると思っていました。 しかし、4年経っても妊娠せず、病…

お客様の声.不妊・妊活

そもそも、私の不妊の原因って何なのでしょうか?

2018年12月27日 世に産み出されました この本は 「きれいにやせて、授かるりんどう式妊活メソッド」 と題します。 ・身体を整える ・良…

不妊・妊活.花森淑子のつぶやき

りんどう妊活アドバイザーに相談しよう!

何からはじめたらいいかわからない
妊活ライフの不安
パートナーとの取り組み方
どんな小さなことでも構いません
まずはお気軽にご相談ください

漢方サロンりんどう
女性のカラダ相談室
女性スタッフ

「学び」と「気づき」で人生は変わる

りんどうセミナーのご案内