11月は、「肺」と「腎」を補いましょう🍂

二十四節気でいうと
11月7日「立冬‐りっとう‐」
冬の気配がたち始め、ニュースなどでいよいよ冬の訪れと表現されます。

11月22日「小雪‐しょうせつ‐」
わずかながら雪が降り始める時期です。

乾燥と昼夜の気温差が大きいことはカラダに影響があります。

不調を招かぬように
穏やかに体を温め、
胃腸をいたわり、
身体の水分を守ってあげましょう。
 
 
〈食養生のポイント〉
 
11月は、「肺」と「腎」を補いましょう。
 
●「肺」は、清気(酸素)と濁気(二酸化炭素)を交換する呼吸機能、
水分代謝の調節、体温調節、免疫機能などの役割を担っていますが、
乾燥の影響を受けやすいといわれています。
 
乾燥の影響により肺の機能が低下すると、
咳やたん、ぜんそくなどの症状が現れやすくなります。
そのため、「肺」に潤いを与えて乾燥を防ぐ食材である
大根やレンコンを摂るようにしましょう。
 
 
●「腎」は、生殖や成長、発育、ホルモン分泌、免疫系など
生命を維持するエネルギー源です。
 
腎の機能が低下すると、更年期障害や骨粗しょう症、
免疫力の低下、老化の促進などさまざまな不調が起こりやすくなります。
腎は寒さに弱いため、腹巻で体を温めることや、
腎を助ける食材であるクコの実や黒キクラゲを摂ると良いでしょう。
 
 
りんどうの漢方薬なら、
血液の素となる成分が入っている『凛道』がおすすめです。
豊かな血は身体を温めながら巡ってくれます。
 
 
 
揺らぎやすい女性のカラダは季節にあわせた配慮が必要です。
薬が病気を治すのではなく
自分自身の免疫力が戦って病気を防ぐのですから。
 
◆募る不安でカラダとココロを冷え固まらせないための知恵が学べる
「ココロの在り方セミナー」
 
◆妊活に取り組み始めたけど、相談できる人がいないし、
何から始めたらいいか分からないあなたにおすすめの「妊活セミナー」
 
 
いずれも無料で視聴できます。
『よしこ先生✽オンライン妊活』のアカウントを友達登録して
視聴の申し込みをされましたら、セミナー動画のURLを送付致します。
知りたい時が、観るべき時です!
 
↓↓✨お友達追加はこちらから✨↓↓
https://lin.ee/sP8iOJy

 

2021年11月3日 カテゴリー:健康・美容

この記事を見た人はこんな記事も見ています

深呼吸、ちゃんとできますか?

横になり深呼吸してみましょう。 肋骨が開いて胸が動くのが第三者が見てわかるでしょうか? 肩が上がるだけの浅い呼吸になっていませんか。 例えば…

健康・美容

正常なおりものって?

良いおりものの状態とは? おりものシートが欲しいと思わない状態です 排卵期(透明なおりもの)と 生理前(酸っぱくて黄色っぽいペタペタしたおり…

健康・美容

前屈して手が床につきますか?

「いや。無理!床が遠い!」なら おしりの筋肉が硬くて伸びないかもしれません。 歩く時、脚を後に引く感じで歩くとおしりの筋肉が使えますが、 何…

健康・美容

りんどう妊活アドバイザーに相談しよう!

何からはじめたらいいかわからない
妊活ライフの不安
パートナーとの取り組み方
どんな小さなことでも構いません
まずはお気軽にご相談ください

漢方サロンりんどう
女性のカラダ相談室
女性スタッフ

「学び」と「気づき」で人生は変わる

りんどうセミナーのご案内