3月はストレスを発散して暴飲暴食は避けましょう

3月5日「啓蟄-けいちつ-」
冬ごもりしていた虫が這い出てくる頃

・蟄虫啓戸(すごもりムシとをひらく)
・桃始笑(モモはじめてさく)
・菜虫化蝶(なむしチョウとなる)

3月20日「春分-しゅんぶん-」
昼と夜の長さがほぼ同じになる日
ここから夏至まで、昼の時間がどんどん長くなっていく

・雀始巣(スズメはじめてすくう)
・桜始開(サクラはじめてひらく)
・雷乃発声(カミナリすなわちこえをはっす)

寒さに対処するために少々太った体には、気・血・水の巡りが遅くなったことで老廃物が溜まり気味です。なので代謝を促すものが必要です。

3月は肝の機能を高める食材を摂りましょう。

肝は血液の貯蔵庫であり、
体の中に栄養素を送り老廃物を集めて取り除くという新陳代謝のコントロール機能を担っています。
肝は気を動かす原動力ともいわれています。

気が巡ることで血と水がスムーズに巡るようになります。
肝の機能が弱まると、血の流れや代謝が滞り、めまいや不眠、情緒不安定などの症状を引き起こしてしまいます。

陽気に従って適度に行動する事は体にも良く、逆に動かないでじっとしていると、陽気が体の内に籠もってしまい不調の原因となります。

春は眠っていた細胞も目を覚まし動きはじめ、放っておいても血が騒ぎだすので血の貯蔵庫の肝臓はフル回転。 結果、肝は疲弊して、いつもよりイライラしたり不安になりやすい。

ストレスを溜め込んだり、暴飲暴食などで肝の働きを弱らせないことが一番大切です。

〈おすすめのストレス発散方法〉
◆筋トレ(ストレスに強い脳をつくる)
◆読書
◆クラッシックなどのテンポの遅い音楽
◆散歩(記憶力や注意力もアップする)
◆家族や友人と仲良くする(自尊心や安心感もアップする)

 〈食養生のポイント〉

その日の気候や家族の体調によって材料を選び料理をすれば、それは立派な薬膳です。
薬膳料理には堅苦しい定型はありません。自分が心地よいと感じ、体調が整うものを食べればOKです。

食養生は節食こそが最大の要。食べ過ぎず「腹七分目」をありがたくいただきましょう。

●体を温め汗を出して邪気を追いやる食材
生姜、シナモン、紫蘇、葱類 

●胃腸の働きを良くして気を作り出す食材
米やもち米、芋類、豆類、キノコ類、鶏肉

●肝の働きを助け解毒する食材
菜の花、春菊、カブ、ごぼう、タケノコ 

●身体の余分な熱や水分を排出する食材
セロリ、セリ、山菜、海藻類、菊の花、イチゴ🍓

●血や潤いを補って、肝の働き過ぎを調整する食材
クコの実、人参🥕、ほうれん草、レバー、ごま 

●気の巡りを良くして、イライラを改善する食材
グレープフルーツ、柑橘類🍊、紫蘇、ミント、香味野菜 

●酸(収斂させる作用)味は肝の働きを助ける
酢、梅、苺、レモン、オレンジ、ゆず、トマトなど

「松の実」はスーパーで買える生薬
潤いの元である腎を元気にしてくれる食材のひとつです。中国では仙人の食と呼ばれて滋養強壮や老化防止に良いとされています。
いりこと一緒におやつにしたり、サラダに和えて手軽に食べましょう。

朝スッキリ起きられて、行動を起こすことがおっくうにならない日々を過ごせるように、
旬の食材に助けてもらい、
睡眠時間をしっかり取り、
適度に身体を動かしてストレスを発散しましょう。

りんどうのサプリメントなら
『翡翠』がおすすめです。

体内の活性酸素HOを水素Hと結合させて水H2Oして排出して、肝臓の働きを助けてくれます。

揺らぎやすい女性のカラダは季節にあわせた配慮が必要です。
薬が病気を治すのではなく
自分自身の免疫力が戦って病気を防ぐのですから。

2024年3月1日 カテゴリー:健康・美容

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コリのないふくらはぎで浮腫み回避

つきたてのお餅のようなふくらはぎが理想です。 ふくらはぎは第2の心臓と言われるくらい大切な場所。脚の静脈は筋肉の動きで中央に戻るので、やわら…

健康・美容

4月は五感で菜花を愉しみ、月半ばから腹八分目に控えましょう

4月4日「清明-せいめい-」 万物が清らかで生き生きとした季節 ・玄鳥至(ツバメきたる) ・鴻雁北(こうがんキタへかえる) ・虹始見(ニジは…

健康・美容

骨盤が姿勢の要です

骨盤が前に傾くのが反り腰です。下腹が出て前ももやふくらはぎがパンパンに張ります。更に腰痛が出やすい。 この歪みの原因は腹筋の弱さ。 背骨のS…

健康・美容

りんどう妊活アドバイザーに相談しよう!

何からはじめたらいいかわからない
妊活ライフの不安
パートナーとの取り組み方
どんな小さなことでも構いません
まずはお気軽にご相談ください

漢方サロンりんどう
女性のカラダ相談室
女性スタッフ

「学び」と「気づき」で人生は変わる

りんどうセミナーのご案内