秋の養生

昨日は「秋分」でしたね。
ここから「冬至」へ向けて、だんだんと「陰」が強くなり、秋〜から冬へと季節が移ってていきます。

秋分は秋の「真ん中」ですが、もしまだ夏の疲れを引きずっているようであれば要注意です。
この時期にきちんと養生していなければ、冬にはカラダが冷え、胃腸が弱く下痢しやすく免疫力の低い状態になってしまいます。

秋は「燥邪」の影響を受けやすい季節。
燥邪の影響を最も受けやすい臓器は「肺」です。
中医学でいう「肺」は、ガス交換を行う西洋医学的な「肺」という臓器だけではなく、大腸や皮膚なども含みます。

どういうことかというと、「外」の空気を取り入れる呼吸器系と「外界」と接触している皮膚のこをとさし、体の防衛機能や免疫機能とも深く関わっています。
「大腸も外?」と思われるかもしれませんが、ちくわを思い浮かべてください。ちくわの外側の焼き目が付いている部分が皮膚、内側の白くつるっとした穴が口から肛門までの消化器官と同じで、どちらも「外界と接している」と考えます。

肺や大腸や皮膚に何らかのサインがあらわれていれば、そこから不調が始まります。
健康な「肺」は血液や体液で潤っていますが、その機能が弱まると空咳がでたり、喉や鼻に乾燥感があらわれたり、便秘になったり、肌がかさつくなど、様々なサインがあらわれます。
また、「肺」は体の水分代謝にも関係しているので、機能が低下すると余分な水分が体に溜まり、むくみ、鼻水、痰など、乾燥とは逆に思えるような症状も出ます。
不調のサインを見逃さないようにしましょう。

 

《秋におすすめの養生》

▼直接肌に触れる寝具や下着をシルクに変えましょう。
人間の肌に近いタンパク質を主成分とするシルクは、「第2の肌」とも呼ばれています。
秋の乾燥から、肌を守ってくれるシールドとなってくれます。

また、アミノ酸が豊富で肌や髪と相性がよく、吸湿性や放湿性、保湿性に富んでいながら、静菌作用もあるため、蒸れにくく冷えにくいのが特徴です。

 
▼秋の旬の食材でカラダを内側から潤す
トリの手羽先や皮、鶏ガラスープ、キノコ類、いも、はちみつ、梨、ユリネ、白キクラゲなど、「肺」を潤わせる食事をしていきます。
鶏ガラで出汁をとったスープに、キノコや根菜を入れたスープがオススメです。

また、辛味のあるショウガやネギ、大葉、大根なども、辛味が燥邪を払ってくれます。
うまく組み合わせて、カラダを秋のカラダへと整えて行きましょう。

 

りんどうでは シルク素材の腹巻きレッグウォーマー のお取り扱いもございます。
秋を心地よく過ごし、寒い冬に備えましょう。

2017年9月24日 カテゴリー:健康・美容

この記事を見た人はこんな記事も見ています

日本女性の美しさは努力の上での輝きです

「日本の女性の真の美しさとは 美体づくりの努力、 精神(メンタル)づくりの努力、 キャリアアップ成長への努力がバランスよくできることにある」…

健康・美容

妊娠中でも、りんどうの整体は受けていただけます!

妊娠すると 薬は飲んじゃダメ 旅行は安定期まで控えましょう って、自由がちょっと減ります。 「漢方薬も整体も だめかと思っていました」 サロ…

健康・美容

季節とダイエット

今年の夏も猛暑でしたね。 暑い時は、冷たいものがより美味しく感じ、 アイスやビールなど冷えたものを、 ついつい摂り過ぎてしまった方も多いので…

健康・美容

りんどう妊活アドバイザーに相談しよう!

何からはじめたらいいかわからない
妊活ライフの不安
パートナーとの取り組み方
どんな小さなことでも構いません
まずはお気軽にご相談ください

漢方サロンりんどう
女性のカラダ相談室
女性スタッフ

「学び」と「気づき」で人生は変わる

りんどうセミナーのご案内