8月はしっかり睡眠をとり、お腹を温めましょう

8月7日「立秋‐りっしゅう‐」
いわし雲や鈴虫の音で季節の移り変わりが感じられる頃
 
8月23日「処暑‐しょしょ‐」
厳しい暑さの峠を越した頃
 
 
エアコンの効いた部屋での生活で汗をかかず、
体温調整が上手くいかなかったり、
一歩外に出れば猛暑で汗をかきすぎて
『氣』まで消耗してしまう。
 
  
季節の変わり目は自律神経が乱れ
体調も崩しやすい時期と言えます。
 
 
早寝早起きをして、
充分な睡眠時間を確保することで
回復を図りましょう✨
 
 
立秋の前日までの約18日間を
「土用」といい胃腸をいたわる時期です!
 
 
8月の後半は、
体内の潤いが不足し、皮膚や鼻、
喉の乾燥や便秘、
空咳などの症状が出やすくなるので、
肺や鼻などの呼吸器や大腸、
皮膚のケアが大切となります。
 
 
 
 
 
〈食養生のポイント〉
 
◆体の中の余分な熱を取る食材
トマト、瓜類、セロリ、緑茶、白茶、緑豆
 
◆肺や全身を潤し、乾燥から守る食材
梨、大根、蓮根、山芋、白胡麻、白木耳、
百合根、無花果、豆腐など白っぽい食材や酸味のある果物
 
◆疲れた胃腸を整え元気を増す食材
鶏肉、穀類、キノコ類、鶏卵、豆類、山芋、芋類
 
◆風邪などの邪気から守ってくれる香味野菜スパイス
ネギ、生姜、茗荷、紫蘇、唐辛子

  
特に身体の冷えを感じやすい方は、
夏に冷やし過ぎないことが大切です。

お腹には、全身の氣が集まるツボ「氣海-きかい-」があります。
一日中シルクの腹巻を着けて温めましょう😌
 
 
これから迎える季節を少しでも快適に過ごすために、
トマトなどの涼性の食材を加熱したり、
入浴や温かいお茶など
胃腸の温活ケアを取り入れ養生しましょう🍀
 
 
 
りんどうの漢方薬なら
『凛道』がおすすめです。
 
冷え性、血の道症、更年期障害、
月経不順に効果効能があります。
 
血が充分あれば疲れにくくなります💪
 

揺らぎやすい女性のカラダは季節にあわせた配慮が必要です。
薬が病気を治すのではなく
自分自身の免疫力が戦って病気を防ぐのですから。

2022年8月1日 カテゴリー:健康・美容

この記事を見た人はこんな記事も見ています

温活してるつもりだけど、体質は改善してるのかな?

赤ちゃんを授かるために 温活を頑張っているけど、 これで合っているのかしら?😕     数値で測れるものではないし、 目に見…

健康・美容

整体を受けるとスッキリする理由は?

整体には 日常生活で使わない 筋肉や可動域を動かす刺激、   ストレッチには、 甘いものを食べて得られる 幸せホルモンと同じ作用があるのです…

健康・美容

9月はゆったり過ごし、腹八分目を意識しましょう💡

◉9月8日「白露‐はくろ‐」 夜中に大気が冷え、 草木に朝露が宿りはじめる頃   ◉9月23日「秋分‐しゅうぶん‐」 昼と夜の長さが同じ日。…

健康・美容

りんどう妊活アドバイザーに相談しよう!

何からはじめたらいいかわからない
妊活ライフの不安
パートナーとの取り組み方
どんな小さなことでも構いません
まずはお気軽にご相談ください

漢方サロンりんどう
女性のカラダ相談室
女性スタッフ

「学び」と「気づき」で人生は変わる

りんどうセミナーのご案内