5月は酸味を楽しみ、深呼吸しながら散歩をしよう

5月6日「立夏-りっか-」
暦の上での夏の始まりの日

・蛙始鳴(カエルはじめてなく)
・蚯蚓出(ミミズいずる)
・竹笋生(タケノコしょうず)

5月21日「小満-しょうまん-」
万物が成長し、生命が満ちてくる時期

・蚕起食桑(カイコおきてクワをはむ)
・紅花栄(ベニバナさかう)
・麦秋至(ムギのときいたる)

5月は若葉萌え花々が咲き虫や動物が動き出します。
ですが、新しい環境に適応できずに精神的・身体的不調をきたす五月病に悩まされることもあります。日頃からストレスを上手に発散して、血流を良くするものを食べましょう。

〈食養生のポイント〉

体全体の気の流れを調整する役割を肝が担っています。
肝はストレスの影響を受けやすく「気」の流れが滞ると情緒不安定、食欲不振、血行不良などの症状が現れやすくなります。
肝を助けるために酸味を摂りましょう。
酢、梅、苺、レモン、オレンジ、ゆず、トマト

「肝」と「目」は関わりが深く、パソコンやスマホで目を酷使すると肝を消耗させてしまいます。

木の芽時期と云われるだけあって、からだの中で眠っていた持病やアレルギーが吹き出してきます。暖かくなるにつれて、人の体に備わる陽気が増えてきます。この陽気をうまく発散させないと神経痛や皮膚病、のぼせ、無気力、不眠などを訴えることも。五月病は典型的な春の病です。

気候に合わせて心身共にのびのびと過ごし、気を巡らすために深呼吸しながら散歩して陽気を発散しましょう。

【血虚体質】
温かくなると血管が開き、全身を巡る血が足りなくなります。生理のある女性は、ほぼ血虚です。
黒豆や黒ゴマ、黒きくらげ、牡蠣、ひじき、海藻など黒い食材は血を増やしてくれます。
レバー、ほうれん草、小松菜、赤身の肉、マグロ、カツオなど一般的に貧血に良いとされる食べ物もおすすめです

【気虚体質】
疲れが気になる気虚体質の方は
人参や肉類、サツマイモ、カボチャ、ネギ、豆類、キノコ類、穀類
胃腸の消化吸収機能を高め、元気を補ってくれます

【気滞体質】
ストレスが多い気滞体質の方は
三つ葉や春菊、パクチー、セロリ、紫蘇、バジル、ミント、柑橘系、ハーブティーなど香りのよい物を摂り、滞った気の巡りを良くして気持ちをリラックスさせましょう

朝スッキリ起きられて、行動を起こすことがおっくうにならない日々を過ごせるように、
旬の食材に助けてもらい、睡眠時間をしっかり取り、身体を動かしてストレスを発散しましょう。

りんどうの漢方薬なら『凛道』がおすすめです。
体内に血液が充分あればイライラや不安は和らげられます。

揺らぎやすい女性のカラダは季節にあわせた配慮が必要です。
薬が病気を治すのではなく
自分自身の免疫力が戦って病気を防ぐのですから。

朝スッキリ起きられて、行動を起こすことがおっくうにならない日々を過ごせるように、
旬の食材に助けてもらい、睡眠時間をしっかり取り、身体を動かしてストレスを発散しましょう。

りんどうの漢方薬なら『凛道』がおすすめです。
体内に血液が充分あればイライラや不安は和らげられます。

揺らぎやすい女性のカラダは季節にあわせた配慮が必要です。
薬が病気を治すのではなく
自分自身の免疫力が戦って病気を防ぐのですから。

2023年5月1日 カテゴリー:健康・美容

この記事を見た人はこんな記事も見ています

雲上在蒼天

「うんじょうざいそうてん」と読みます 「雲を突き抜けたその先には、青空が広がっている」 という意味です 「努力して苦しみを乗り越えれば、すば…

健康・美容

【養生】6月は冷たい飲み物を控え、腹筋を締めながら過ごそう

●6月5日「芒種-ぼうしゅ-」 穀物の種を蒔く時時期 ・蟷螂生(カマキリしょうず) ・腐草為蛍(くされたるクサホタルとなる) ・梅子黄(ウメ…

健康・美容

ありのままって?

「体を整えろって言うけど、ありのままで良いんじゃないの?それが自然でしょう」 時が流れるまま自然に沿うと老化の一途です。 坂道を転がり落ちる…

健康・美容

りんどう妊活アドバイザーに相談しよう!

何からはじめたらいいかわからない
妊活ライフの不安
パートナーとの取り組み方
どんな小さなことでも構いません
まずはお気軽にご相談ください

漢方サロンりんどう
女性のカラダ相談室
女性スタッフ

「学び」と「気づき」で人生は変わる

りんどうセミナーのご案内