2月始めは腹八分目に。春野菜の苦味や香りを愉しんで

2月4日「立春-りっしゅん-」
二十四節気での一年の始まりが立春

・東風解凍(はるかぜコオリをとく)
・黄鶯なく(ウグイスなく)
・魚上氷(うおコオリをいずる)

2月19日「雨水-うすい-」
雪が雨に変わる頃

・土しょう潤起(ツチのしょううるおいおこる)
・霞始たなびく(カスミはじめてたなびく)
・草木萌動(そうもくめばえいずる)

2月は「三寒四温」と寒暖差が激しく自律神経が乱れがちになり気だるさや眠気と共に、イライラ感や血行不良なども起きやすくなります。

気温の上昇と共に毛穴が緩まり、ウィルスや花粉などの外邪が入り込みやすい。

そんな外敵から身体を守る為には、
◆規則正しい生活習慣 
◆十分な睡眠
◆『まごわやさしい』の食材で胃腸が喜ぶバランスの良い和食
◆20分の散歩やストレッチで関節と筋肉を動かし巡りを助ける
ことで免疫力を上げましょう。

冬の間に溜まってしまった身体の中の余計な毒素を排出する為に春野菜の苦味や香りがあるのです。自然からの恵を有り難く受け取りましょう。

 〈食養生のポイント〉

●体を温め汗を出して邪気を追いやる食材
生姜、シナモン、紫蘇、葱類 

●胃腸の働きを良くして気を作り出す食材
米やもち米、芋類、豆類、キノコ類、鶏肉

●肝の働きを助け解毒する食材
菜の花、春菊、カブ、ごぼう、タケノコ 

●身体の余分な熱や水分を排出する食材
セロリ、セリ、山菜、海藻類、菊の花、イチゴ🍓

●血や潤いを補って、肝の働き過ぎを調整する食材
クコの実、人参🥕、ほうれん草、レバー、ごま 

●気の巡りを良くして、イライラを改善する食材
グレープフルーツ、柑橘類🍊、紫蘇、ミント、香味野菜 

◆疲れ目にクコの実
パソコンやスマホから長時間目を離さないことはありますよね?
焦点をキープするため眼のレンズの厚さを調整する筋肉は同じテンションを保ちます。長時間動かない筋肉は血行が悪くなり疲労していきます。

対策として時々遠くを見たり、目を閉じて休ませましょう。
クコの実は疲れ目に良いとされています。オヤツ代わりにかじってください。

◆冬の土用
1月18日〜2月3日

冬から春に変化していく土用の期間は自然界の影響を受け、身体も心も何かと不安定になり疲れが出やすくなります。

気候の変化に対応するためにエネルギーを消耗する時期ですから
無理に頑張らないで
ゆったり過ごして
食事は腹八分目に抑えて
自分を労ってあげましょう。

朝スッキリ起きられて、行動を起こすことがおっくうにならない日々を過ごせるように、
旬の食材に助けてもらい、
睡眠時間をしっかり取り、
適度に身体を動かしてストレスを発散しましょう。

りんどうのサプリメントなら
『りんどうの葉酸サプリ』がおすすめです。

冬の間に溜め込んでしまった活性酸素を、水素が排出の手助けをしてくれます。
ビタミンB群が体内のエネルギー回路を回す鍵になります。

揺らぎやすい女性のカラダは季節にあわせた配慮が必要です。
薬が病気を治すのではなく
自分自身の免疫力が戦って病気を防ぐのですから。

2024年2月1日 カテゴリー:健康・美容

この記事を見た人はこんな記事も見ています

雲上在蒼天

「うんじょうざいそうてん」と読みます 「雲を突き抜けたその先には、青空が広がっている」 という意味です 「努力して苦しみを乗り越えれば、すば…

健康・美容

【養生】6月は冷たい飲み物を控え、腹筋を締めながら過ごそう

●6月5日「芒種-ぼうしゅ-」 穀物の種を蒔く時時期 ・蟷螂生(カマキリしょうず) ・腐草為蛍(くされたるクサホタルとなる) ・梅子黄(ウメ…

健康・美容

ありのままって?

「体を整えろって言うけど、ありのままで良いんじゃないの?それが自然でしょう」 時が流れるまま自然に沿うと老化の一途です。 坂道を転がり落ちる…

健康・美容

りんどう妊活アドバイザーに相談しよう!

何からはじめたらいいかわからない
妊活ライフの不安
パートナーとの取り組み方
どんな小さなことでも構いません
まずはお気軽にご相談ください

漢方サロンりんどう
女性のカラダ相談室
女性スタッフ

「学び」と「気づき」で人生は変わる

りんどうセミナーのご案内