そろそろ乾燥の季節の準備を

2016_05_09

まだ暑い日が続いておりますが
少しずつ少しずつ空や風に秋の気配を感じるようになりましたね。

本格的に秋に突入すると、空気が乾燥し、呼吸器が乾いて熱を帯びやすくなります。
咳が出やすくなったり、痰が絡みやすくなったり、といった症状が出やすくなる季節なのです。

東洋医学の陰陽五行では、肺と大腸は表裏関係にあり、一方が悪くなると他方も調子を崩すと捉えます。
そして、皮膚、鼻、気管と、アレルギー症状のでやすい部位を管轄する五臓が【肺】であり、その表裏関係にある【大腸】とともに、肺と大腸を整えることが、皮膚の状態に深く関わっているのです。

夏には、汗をよくかき、皮膚から老廃物をしっかり出せていたかもしれませんが、気温が下がって来るのと同時に皮膚が閉じていきます。
夏は大量に汗として水分を排出し、そのせいで内側に潤いが足りなくなっていたり、食物から生命エネルギーを作り出す脾胃が、猛暑でよわって気血水がうまく作り出せなくなっていると、肺に潤いが足りなくなり、肌が乾燥してしまいがちです。

皮膚が日焼けでごわごわとした肌のままだからと、、保湿クリームなどで表面を整えるだけでいないようにしましょう。
それは、身体の内側が乾燥している、という合図だったのかもしれません。
体外の潤いをどうにかしようとすることと同時に、体内の潤いを十分に保つことが大切です。

肌がカサカサしてきたら、肺を内側から潤わすよう、心がけましょう。

オススメの食
【辛】
ショウガ・ネギ・大根・大葉・しそ・ハッカ・山椒・にんにくなど

【潤わす】
梨・ユリネ・杏仁・ごぼう・蓮根・杏仁・白キクラゲ・ごま など

りんどうでは
生活習慣を整えるご提案をするセミナーも開催しています。

今月のセミナースケジュールはこちら
お気軽にご参加下さい。

2017年8月28日 カテゴリー:健康・美容

この記事を見た人はこんな記事も見ています

更年期障害は我慢しなくていいのです

・ホットフラッシュ ・めまい ・うつ症状 ・指のこわばり、乾燥 などのエストロゲン減少のせいで起きる更年期特有のつらい症状   「我慢してい…

健康・美容

整体おすすめ

  「妊活に、骨盤との関連性があるなんて、どの本にも書いてなかったですよ。」 1年間、妊活に取り組み、 本もたくさん読まれた30歳…

不妊・妊活.健康・美容

五月病に悩まされていませんか?

気持ちの良い季節となりました! しかし、五月病に悩まされる人も少なありません。五月病とは、何となく気分が落ち込む、疲れやすい、集中できない、…

健康・美容.漢方のこと

りんどう妊活アドバイザーに相談しよう!

何からはじめたらいいかわからない
妊活ライフの不安
パートナーとの取り組み方
どんな小さなことでも構いません
まずはお気軽にご相談ください

漢方サロンりんどう
女性のカラダ相談室
女性スタッフ

「学び」と「気づき」で人生は変わる

りんどうセミナーのご案内