漢方生薬「茯苓-ブクリョウ-」を国内初、栽培技術を確立

9/22に配信された
日本海新聞のニュース記事です

———————–
日本きのこセンター・菌蕈(きんじん)研究所(鳥取市)が、
漢方薬の原料として欠かせない
生薬キノコ「ブクリョウ」の栽培技術を
国内で初めて確立した。
県内の新産業創出や中山間地活性化などにとどまらず、
漢方薬の国産化に向けた大きな弾みとなるか。
今後の動きに注目が集まる。
同研究所によるとブクリョウは生薬キノコの一種。
数ある漢方薬の約3割で使われており、配合比率も高い。
国内需要のほぼ100%を中国産に依存するが
同国でも消費量が増えており、
安定的なブクリョウ確保が課題となっている。
同センターは2013年から県の委託を受けて
生薬キノコを含めた栽培実用化推進事業に着手。
2016年から約3年かけて基礎研究を進め、
成長速度が約4カ月と短く、
需要が多いブクリョウに目をつけた。
研究を主導した奥田康仁農学博士(41)によると、
中国では急斜面の土中に自生する野生種の採取が主流。
しかし国内で同様に採取しようとすれば、
防虫や洗浄のコストに加え、
安定的な品質や収穫量の確保に難がある。
同センターは試行錯誤の末、直径、高さとも
約15センチ程度の原木を使った屋内栽培の手法を開発。
耐熱袋に入れた原木を高熱で滅菌した後に菌を定着させ、
温度と湿度を管理した屋内での栽培を可能にした。
————————-

現在、生薬は中国産が多く、
世界的に需要が伸びている背景もあり
価格が高騰しています
コロナ禍を通して
「安心、安全、高品質な国産商品」
を求める消費者の意識の変化があります。

このニュースは、質の良い生薬を安定的に供給して欲しい
という世情を後押ししてくれる朗報といえます

元々は中国で中医学理論のもと
「中成薬」と呼び数千年の歴史があります。
この知識が6世紀頃日本に渡り、日本の高温多湿な気候や
胃腸が弱い体質に合わせて配合されたものを「漢方薬」といいます。

漢方薬の原料を生薬と呼び、
草や木、動物や鉱物など、自然にあるものを使います

例えば、
ショウガを食べると体が温まりますよね!
このような植物などに備わった力を一つひとつ確かめ、
組み合わせてできていったのが漢方薬です
漢方サロン凛道は「漢方薬店」でもあります

漢方相談は無料で承ります。
漢方製剤の痛み止め薬や、
花粉症対策の漢方薬、
ステロイドの入っていない痒み止め薬、
湿疹対策の漢方薬など
あなたのお悩みに対してのご提案ができます
ご予約の上ご来店ください♪

2022年10月9日 カテゴリー:漢方のこと

この記事を見た人はこんな記事も見ています

『凛道』のパッケージが新しくなります

表記が『凛道』から『RINDO』へ✨     女性病薬として長年重用されている 四物湯(当帰・芍薬・川芎・地黄)に、 胃腸薬(…

漢方のこと

漢方薬を飲み続けたら、生理が変わった🥰

「漢方薬を飲み始めて 3ヶ月目の生理痛が軽くなり経血が赤くなりました。 なんか変わったなと実感できて嬉しいと思っていました✨ …

漢方のこと

生理痛や冷えがあるのなら、あなたの体調は変えられます

「毎月の生理で痛み止めは欠かせないの」   「足先が冷え切っているから靴下は寝る時も脱ぎません」       痛みや冷えの原因は 「血の巡り…

漢方のこと

りんどう妊活アドバイザーに相談しよう!

何からはじめたらいいかわからない
妊活ライフの不安
パートナーとの取り組み方
どんな小さなことでも構いません
まずはお気軽にご相談ください

漢方サロンりんどう
女性のカラダ相談室
女性スタッフ

「学び」と「気づき」で人生は変わる

りんどうセミナーのご案内