血の道症に効能あり

女性は、とかく不調を招きやすいのものです。

10~20 歳の思春期は貧血や摂食障害を起こしやすい。

20~45歳は女性ホルモンの過不足による不調に悩まされる。

45~55歳は、冷えや肩こり、腰痛に悩まされやすい。

60 歳以上になると、精神的に不安定になりやすい。

東洋医学的に、これらを「血の道症」といいます。
血がたっぷりあって、巡りが良ければ日常生活に支障はきたしません。
血が足りないから
血の巡りがとどこおるから
様々な不調として悩まされる。

古今東西、女性の不調をなんとかしたいという思いは同じです。
長い歴史に裏打ちされた「四物湯」という配合に、胃薬を加えた漢方薬『凛道』は、血の道症に効能があります。

漠然とした慢性的な不調にこそ
漢方薬は力を発揮します。

2023年4月16日 カテゴリー:漢方のこと

この記事を見た人はこんな記事も見ています

漢方薬はずっと使わなくちゃいけないの?

漢方薬はずっと使わなくていいです。 ただ、今の不調を生み出す体質を作ってしまった今までの生活習慣や睡眠、食事を改善しないまま、漢方薬を飲むの…

漢方のこと

漢方薬で精子の運動率と量が変わった!

七度の人工受精でも上手くいかず次は体外受精となった時 できる限りの準備をしようと漢方サロンりんどうに通われた30代の夫婦のお話をしましょう。…

不妊・妊活.漢方のこと

原因は自分で分かっているけど、なかなか止められない

お客様相談窓口に60代女性から問い合わせがありました。 「おできが出来やすい。何かいいものは無いですか?」 医薬品登録販売者は、漢方薬「ワグ…

漢方のこと

りんどう妊活アドバイザーに相談しよう!

何からはじめたらいいかわからない
妊活ライフの不安
パートナーとの取り組み方
どんな小さなことでも構いません
まずはお気軽にご相談ください

漢方サロンりんどう
女性のカラダ相談室
女性スタッフ

「学び」と「気づき」で人生は変わる

りんどうセミナーのご案内